スポンサーリンク

ごごナマ【怒りのコントロール術!点数化・メモで見える化・6秒ルールの魔法の言葉】

2020年9月30日放送のごごナマで怒りのコントロール術について紹介されました!

教えてくれたのはアンガーマネジメントコンサルタントの安藤俊介です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

怒りのコントロール術

怒りの点数化

怒りのコントロールが難しいのは目に見えないから。

怒りの状態によって点数をつけるのがおすすめ。

 

  • 10点:大激怒(人生の最大級の怒り状態)
  • 7〜19点:爆発寸前(激しく起こっている状態)
  • 4〜6点:立腹(心のなかでは怒っている状態)
  • 1〜3点:不愉快(軽くイラッとする状態)
  • 0点:穏やか(ストレスや不満がない状態)

 

(例)ランチのお店を手配したら「ここあんまりよくないね」と言われた

→○点

 

同じことが起こっても人によって怒りのレベルが違います。

イラッとしたら「今自分はどれくらい怒ってるかな?」と点数をつけることで怒りに対して客観的になり、冷静さを取り戻せます。

 

怒りをメモで見える化

怒ったことは覚えているけれど、何にどれくらい怒ったかは覚えていないもの。

さらに昔のことは脚色して大きくしてしまいがちです。

イラッとしたらその場でササッとメモ書きするようにしましょう。

 

具体的には、日付・時間・場所・出来事・怒りの点数をメモします。

メモをとることで怒りのタイミングや場所などのパターンが見えてきて、

そうならないための策を打つことが出来ます。

 

6秒ルールテクニックの魔法の言葉

イラッとしてから理性を取り戻すまでは6秒。

6秒待つだけで怒りが軽減できます。

 

しかし6秒では難しいことも多いので、

あらかじめ心を沈められる魔法の言葉を考えておきましょう。

 

この日の出演者のみなさんは

「自分も似たようなもの」(と思う)

「悪くても感謝」

「ゴッド・ファーザーのテーマ」(心のなかで音楽を流す)

などを思い出すようにしているとのことでした。

 

まとめ

怒りのコントロール術についてまとめました。

自分の怒りを客観的に見ることが大切ですね^^

タイトルとURLをコピーしました