スポンサーリンク

なないろ日和で呼吸筋ストレッチのやり方を紹介!

2020年10月1日放送のなないろ日和で呼吸筋ストレッチのやり方について紹介されました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呼吸筋ストレッチ

呼吸筋ストレッチの効果の理由

呼吸が浅くて早いと疲れやすくなったり、イライラしやすくなったりします。

呼吸筋ストレッチを行うことで深くてゆっくりな呼吸に改善されます。

これにより元気で健康な体に戻るだけでなく、不安やイライラを抑えられる可能性もあります。

 

呼吸筋ストレッチの基本のやり方

1)脚を肩幅に開き、膝をリラックスさせる
2)呼吸は鼻から吸って口からゆっくり吐く

吐く時は吸う時の倍くらいの時間をかける

 

呼吸筋ストレッチ〜吸う筋肉のストレッチ①

1)息を吸いながら、片方の腕を斜め下に伸ばし同時に頭を逆側に傾ける
2)ゆっくり息を吐きながら元に戻る
3)必ず反対側も行う

 

左右3〜6回が目安。

首の筋肉を柔らかくし、息を吸いやすくするストレッチです。

 

呼吸筋ストレッチ〜吸う筋肉のストレッチ②

1)息を吸いながら、胸の前で組んだ両手を背中を丸めながら斜め前に伸ばす
2)ゆっくり息を吐きながら元に戻る

 

3〜6回行います。

これは背中と胸の筋肉を柔らかくするストレッチ。

 

ポイントは大きなボールを抱えるイメージで腕を伸ばすこと。

また息を吸うことで、骨の隙間の筋肉を伸ばしていくようなイメージで。

 

呼吸筋ストレッチ〜吐く筋肉のストレッチ①

1)両手を後頭部で組み、ゆっくり息を吐きながら腕を上に伸ばし背伸びをする
2)息を吸いながら元に戻る

 

3〜6回が目安。

これは体幹の筋肉を柔らかくするストレッチです。

 

ポイントは、かかとは床につけたまま両手は甲を上に向けること。

腕が上がらない人は上げなくても大丈夫です。

 

脇腹の筋肉が伸びることで胸郭が広がり、この胸郭を腹筋で押さえようとするためお腹周りに効いてきます。

 

呼吸筋ストレッチ〜吐く筋肉のストレッチ②

1)片方の手を後頭部に、もう片方は腰に添える
2)息を吐きながら頭に当てている側のヒジを持ち上げるように状態を伸ばす
3)息を吸いながら元に戻る
4)必ず反対側も行う

 

左右3〜6回が目安。

これは脇腹周りの筋肉を柔らかくするストレッチです。

 

腰を曲げたりひねらず状態はまっすぐ上に保ちます。

またひじからかかとを繋ぐラインは一直線を心がけます。

 

呼吸筋ストレッチの効果

青木さやかさんがストレッチを行ったところ、筋肉がほぐれ、肺が大きく動いていることがわかりました。

 

まとめ

呼吸筋ストレッチのやり方についてまとめました。

正しい呼吸のやり方と合わせてチェックしてみてください。

なないろ日和で正しい呼吸のやり方を椎名由紀さんが伝授!
2020年10月1日放送のなないろ日和で正しい呼吸のやり方について紹介されました! 教えてくれたのは呼吸アドバイザーの椎名由紀さんです。 正しい呼吸のやり方 正しい呼吸のやり方の効果の理由 正しい姿勢を取ると腹横筋が締まり、その...

 

タイトルとURLをコピーしました